MENU

NIC BLOG

Voice of the Staff

第3回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)なにができるの?

第3回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)なにができるの?

※本ブログはFileMakerバージョン17時点の内容で作成しております。

こんにちは、FileMaker推進企画です。

今回は、

・第1回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)のご紹介!

・第2回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)のインストール方法

を知ってもらった上で

FileMakerって何ができるの???と思われている方に概要を紹介します。

 FileMakerは、扱うデータでどんなシステムにもなります。

 取引先の情報を管理すれば、顧客管理システム」になり、

 受注情報や支払情報を管理すれば、「販売管理システム」になり、

 営業の引き合いや受注実績の情報を管理すれば、「営業支援システム」になります。

 またデータベースソフトは、基本データをため込むだけのものですが、

 FileMakerでは取り込み条件出力条件など各種処理を設定することが実現できます。

【①使ってみましょう

 今回は新規ソリューションを作成してみましょう。新規作成をクリック。

新規ソリューション作成.png

 まずはテーブルとフィールド定義です。

 テーブルを1つ任意の名前を付けて作成してください。

テーブル定義.PNG

 次にフィールド定義でテーブルの中での管理項目を定義します。

 今回は見積のテーブルなので以下のように定義してみます。

フィールド定義.PNG

 このように、フィールド名とデータ形式を定義していきます。

 またオプション定義では日付の自動入力や、演算式の設定が可能です。

オプション定義.PNG

自動計算.PNG

 ここまでできたらあとはデータ入力していくだけです。

【②データの移行について

 また今までのデータが大量にあり入力大変だということであれば

 既存のデータ(Excel)などがあれば取り込み条件を設定してあげてインポートさせることもできます。

 起動センターにドラッグ&ドロップするだけで、フィールド名の自動登録まで可能です。

Excelから取り込み.png

 またフィールド名を定義した後でも取り込み条件を設定することで、レコードの一括登録が可能です。

インポート設定.png

 例えば基幹システムからマスタ情報をインポートしたり、一覧データを一括入力できます。

【③レイアウト修正について

 レイアウト修正もマウスで移動させたり、テーマ編集するだけで可能です。

スクリーンショット 2017-10-06 15.33.24.png

テーマレイアウト変更.png

 このように直感的にイメージをシステム化していけます。

<まとめ>

 FileMakerは、ノンプログラミングでシステム構築可能

 システム会社に頼らずカスタマイズ可能で、保守コストの低減も可能です!

次回、第4回は「FileMakerのライセンス」について紹介したいと思います。

その他に、

・もっと詳しくFileMakerを知りたい!!

・具体的な内容の相談がしたい!!

・こういう場合のライセンス費用はどうなるの!? 等々

ご気軽にお問合せ頂ければご相談をお伺いいたします♪♪♪

  ↓↓↓↓↓お問い合わせはこちらまで↓↓↓↓↓

  ☆★☆お問い合わせ★☆★

  ◇◆◇NIC ホームページの『FileMaker紹介ページ』◇◆◇

それでは次回の更新をお楽しみにぃ~!!!

 良かったら他の記事もどうぞ。

第2回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)のインストール方法

第3回 必見!FileMaker(ファイルメーカー)なにができるの?

第4回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)ライセンスについて

第5回 必見! FileMaker(ファイルメーカー)開発実績について

※FileMaker、ファイルメーカーは、米国およびその他の国における FileMaker, Inc. の登録商標です。
ファイルフォルダロゴは、FileMaker, Inc. の商標です。

前の投稿 >

カテゴリ

このブログはNIC社員が定期的な(?)更新を行っています。
各担当者は普段の業務の合間をぬってブログの記事を作成していますので、日付順で表示した場合にはいろいろなカテゴリがごちゃまぜで表示されます。
カテゴリ別の表示をしていただくと、ひとつの流れとして読みやすくなると思います。

月別アーカイブ