MENU

導入例

Case study

Case
1

資料を毎回何十人分準備するのが大変

会議の度に資料を印刷し、準備することが大変。しかも、出席者は毎回10人以上。準備だけで多大なコストが掛かってしまうため、何とかしたい。

解決したい課題

  • 会議毎の印刷費のコストを削減したい。
  • 出席者分の資料準備を効率化したい。

解決方法

紙の資料は不要に

ペーパーレス会議システムであるスマートセッションでは、資料の印刷と製本が不要です。資料の準備は管理者が一括で行えるので準備の手間がかからず、また配布と回収は人数に関係なく瞬時に行えますので、紙のコスト、コピーのコスト、保管のコスト、人のコストを大幅に削減します。

Case
2

遠距離での会議を円滑にしたい

遠距離での資料共有は自分の目で確認できないため、相手に委ねてしまうことも多々。遠距離でも意識共有を図り、円滑な会議を行いたい

解決したい課題

  • 遠距離での資料共有。

解決方法

場所を選ばず円滑会議

スマートセッションは拠点間での会議にも対応。サーバーにつながる環境であれば、場所を選ばずに会議を行うことが出来ます。資料の共有と操作をスマートセッションで、映像・音声を既存のTV会議システムで併用する事で、距離を意識させない臨場感のある会議を行うことが可能です。

Case
3

資料の外部流出を防ぎたい

社外秘の資料を印刷することは禁止されている。そのため、外部流出を防ぐ方法を用いて、会議でも資料を使いたい。

解決したい課題

  • 資料の外部流出を防ぎたい。
  • 外部流出させない環境で資料を使いたい。

解決方法

高セキュリティ設定でデータ保護

スマートセッションでは、資料を守るための様々なセキュリティ設定が可能。資料を読み取り専用にして持ち出しを禁止したり、メモ書きや操作の規制、会議室・資料単位での利用可能ユーザーの制限等、顧客の求めるレベルに沿ったセキュリティを提供します。
また、資料を端末に残さずにメモ書きを直接サーバー上に残す等、高セキュリティを確保しながらも使い勝手を損なわないような設定をする事も可能です。

Case
4

利用者のレベルに合わせた操作感

意欲的な社員は、会議を効率化する為に色々な機能を使いたいと言う。一方、上司や役員は口を揃えて「操作が複雑な物は触りたくない」と言う。
相反する意見のどちらを優先するべきだろうか。

解決したい課題

  • 上級者向け機能と初心者向け機能の両立

解決方法

初心者向け「シンプルモード」搭載

スマートセッションでは、初心者でも安心して利用できる「シンプルモード」を搭載。余計な機能を一切省き、操作に迷うこと無く簡単に会議に参加する事ができます。
通常モードとシンプルモードは混在可能ですので、上級者は上級者向けの、初心者には初心者向けの設定を行った端末を利用することで、利用者のレベルに合わせた機能を利用して会議を行うことが可能になります。