MENU

Pepper(ペッパー)ロボアプリ開発

Robot Application Development

写真:Pepper(ペッパー)ロボアプリ開発

「ロボアプリパートナー(Basic)」として認定されました

画像:pepper Robo App Partner Basic

日本インフォメーション株式会社では、Pepperのアプリケーション開発における実技および筆記試験を経て、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」より一定の知識や技術水準を満たしたと評価され、ロボアプリパートナー(Basic)として認定されました。
認定ID:PPP201604003

「Pepperパートナープログラム」とは
http://www.softbank.jp/robot/developer/program/partner/

ロボアプリは、ソフトバンクロボティクス株式会社の登録商標です

Pepper(ペッパー)ロボアプリの受託開発を開始

ロボアプリパートナー(Basic)の取得に際しまして、Pepperのロボアプリの受託開発を開始いたしました。当社で培ったノウハウを生かし、業務や教育、介護に役立つものからインタラクティブなものまで、幅広い分野でのPepper導入を支援いたします。

ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、自社が独自に実施しているものです。

Pepper+タブレット・PCで高品質なプレゼンテーション

スマートセッション for Pepper

スマートセッション for Pepperは、ペーパーレス会議システム スマートセッション にPepperが参加して、会議室内の資料を胸のディスプレイに表示しながらプレゼンテーションを行います。
Pepperがプレゼンターとなって会議資料を自動でプレゼンテーションしたり、説明者が端末を操作して任意の部分をPepperに説明させたりと、様々なシーンでご利用頂けます。
スマートセッションの会議機能を利用していますので、プレゼンテーションの内容は会議室に参加している全ての端末上で同期して表示させることが可能です。
会議には複数のPepperが参加可能。声の届きにくい広範囲への説明は勿論、TV会議を併用した拠点間での会議でも同時に資料の説明が可能です。