MENU

NIC BLOG

Voice of the Staff

RaspberryPi研究会のMr.Xです。【番外編】

RaspberryPi研究会のMr.Xです。【番外編】

Mr.Xです。

突然ですが、月日の経過が早く感じる今日この頃です。
(この記事を書いているのは2月3日、明日は立春です。
そうです。もう、春なのですね!!)

NHKの「チコちゃんに叱られる!」(2018/7/20放送)のお話で、
大人になるとあっという間に1年が過ぎるのは
「人生にトキメキがなくなったから。」
だそうです。みなさんトキメキ感じていますか。。。

さて、表題の写真は、前回の写真で手伝って頂いたDさんが
離れることとなり、T班の懇親会(&送別会)にお邪魔させて
いただきました。
幹事のセンスがとても良く、インスタ映えのする良いお店でした。
(ベトナム料理店・壁の絵と天井からのランタンが印象的でした。)

ここからは、前回投稿から、かなり時間がたったので、
思い付くまま、記載します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

大阪は今も、旅行者で溢れています
インバウンド効果。写真で実感してください。
商店街の人込みすごいです。
IMG_2526.jpg

真面目な話題として、
「働き方改革」という言葉が本来の意味ではないような方向に
向かっているような。。。。個人的な感じです。

そこで、昨年末、偶然WOWOWで視聴した映画がとても良かったので、
紹介します。
「セオドア・メルフィ監督作『ドリーム』」
(物語は60年代初め、NASAの計算部門で働く黒人女性3名のお話し、
内容は、以下のサイトで。
http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/

映画のメインテーマーでは、無いのですが、
ドロシー・ヴォーンと言う黒人女性が、
仕事が無くなる危機感から、手計算からコンピュータの時代と先取り、
IBMのFORTRANを独学(白人の図書館しかなかったのを盗み)で覚え、
チーム全員に覚えないと仕事は無くなる!!と話、仕事を勝ちとっていく
物語の描写があり、「働き方改革」とは、このような事ではないかと思った次第です。
https://www.ibm.com/blogs/systems/jp-ja/dorothy_ibm7090/

ここの部分、原作ではと思い、
マーゴット・リー・シュタリー著(山北めぐみ訳)の本を
読み始めました。(進行中)

映画では、宇宙の話がメインですが、原作は、第二次世界大戦の航空機開発から
のスタートで、興味を持った箇所ですが、
「1947年ベル電話研究所から「電子計算機」優秀な数学者が1か月かかった計算を
数時間で行った。
1950年IBM604型電子式計算穿孔機、その後IBM650が導入されました。
スカートを入いた、計算手(彼女)たちは、
前に進め続けるためには、あらゆる機会を利用して、研究所にとって出来る限り価値
ある人材になることが必要である。
との記載でした。

興味があれば、映画、本を見てください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
少し、芸術的に、
会社の近所のお店に、LIVEを聞きに行きました。
IMG_2395.jpg
ここ堺筋本町から北浜にかけては、飲み屋も近代建築のビルも多いので、

ご近所に来られた際は徘徊しても良いのではないでしょうか。

「大大阪モダン建築」とアート&カルチャー
https://www.artlogue.org/node/3784

過去、作家の万城目学さんも北浜界隈の近代建築のお話をされていて、
本も書かれていました。ぼくらの近代建築デラックス!』(文藝春秋)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167903756

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
本題のラズパイの方ですが、
雑誌では、IOTから組み込みAI開発に

Interface 2019年1月号では、
ボードも開発環境もAI向けに進化しまくり
小型リアルタイム組み込み人工知能
https://interface.cqpub.co.jp/magazine/201901/


本題もアップするぞ!!

カテゴリ

このブログはNIC社員が定期的な(?)更新を行っています。
各担当者は普段の業務の合間をぬってブログの記事を作成していますので、日付順で表示した場合にはいろいろなカテゴリがごちゃまぜで表示されます。
カテゴリ別の表示をしていただくと、ひとつの流れとして読みやすくなると思います。

月別アーカイブ